開発成果と転職の面から見て

システムエンジニアとして働くことの魅力として大きなものの一つが、自分の開発したシステムが実際に活用されている場面を目で見て取ることができるということである。自分が苦労して考え出した新しいシステムがプログラマの手によって現実の形に仕上げられ、それがクライアントに採用されることによって企業や社会において運用されることになる。そういったシステムの開発が自分によって行われたということが世の中に知られるということ事態は稀であるものの、それによって多くの人が恩恵を受けることができるという満足を得られるのである。また、同じ業界の中ではそのシステム開発に携わっていたことが広く知られるようになることも多く、システム開発の達成という成果が業界での評価につながり、ひいては出世や転職において大きな影響を及ぼす。成果が直接的に広く認知してもらえる実績につながるということがシステムエンジニアとして働くことのメリットなのである。

こういったメリットはシステムエンジニアの職業としての特徴にもよい影響がある。システム開発の最前線で働くのは体力的に負担が大きいことから昇進や転職を考えなければ生涯働いていけない傾向が強い。その際に、これまで必死に行ってきたシステム開発の成果をそのまま武器にして転職や昇進を図ることができるのである。成果のみでは転職は難しい場合もあるが、それが大きく生きてくるというのがこの職業の魅力だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です