ならではの立場と魅力

システムエンジニアの業務内容は、ある課題に対してその解決を行うためのシステムを立案し、その仕様書を作成することである。
こういったときの課題とは広い意味での言葉であり、現実社会において起きている問題である場合もあれば、物事の効率化の実現や誰も思いつかなかった画期的なシステムを実現したいことというような場合もある。そういった実社会で役立つものを生み出すために、情報技術を利用したシステムの活用を考え、どういったシステムを組めばそれを実現可能とできるかを考えるのが主な仕事になる。そして、この過程によって新規性を生み出すことができるというのがシステムエンジニアとして働くことの魅力である。

そうして考えられたシステムを実際に構築するのはプログラマの仕事となるため、その間に齟齬が生じないようにプログラマの理解できる技術者としての言葉で仕様書や指示書を作成することが重要になる。そのため、システムエンジニアとなるためにはプログラマとしての素養もある程度持ち合わせておくことが理想的となる。技術者という面を持つ職業として位置づけられている理由がここにあり、現実社会における一般的な事象と、システム開発に利用されるエンジニアの考え方や言語との橋渡しも重要な仕事となっているのである。こういった立場にあることもこの職業の魅力的な面の一つとなる。システム開発の大元と現場との両方を理解することができる唯一の立場なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です