キャリアについての悩み

システムエンジニアとして働いていく際に最も不安になりがちなのはキャリアの問題である。エンジニアとしての寿命は30代に訪れるというのが一般的な考え方であり、そのときが訪れるまでに昇進してプロジェクトリーダーやコンサルタントとなるか、転職をして働いていく道を見つけなければならない。IT業界で働くことに魅力を感じて業界入りしたことから、転職をするにしてもエンジニアとしての能力を生かしてITを駆使した仕事に就きたいと考えることが一般的な傾向としてある。しかし、それを実現できるのかどうかということが不安になるのである。

昇進できるかどうかという点はどういったプロジェクトに参入することになって、成功に導くことができるかどうかというところに大きく依存するため運の要素も大きい。しかし、転職するということになればいかに仕事の外で自己研鑽を積んだかということが大きな影響を及ぼすことになる。他のシステムエンジニアとの差を出さなければ転職の際に採用してもらうことができないからである。そういった自己研鑽を積む原動力を生み出すことが重要であり、ただ先行きの不安を考えていても成功の道を歩めないことは心しなければならない。その原動力の根源はIT業界のある一つの分野に魅力を見いだすことにある。システムエンジニアは幅広い分野を見ることができることから、その仕事を通して自分が生涯やりたい分野を見つけることが大切なのである。常に進化し続けるIT社会において、システムエンジニアも成長し続けなければいけない。キャリアについて考えた時、自分がこの先どう進んでいくのか、どう成長していくのかをしっかり考えるべきと言えるだろう。エンジニアとして成長したいのであれば、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です